丁寧な洗顔とビール酵母とトレチノインで美白ケア

シミやくすみの無い肌は、透明感がありそれだけで女性を魅力的に見せてくれます。
透明感のある美肌をキープするには、毎日のスキンケアは必要不可欠です。
特に洗顔は、丁寧に行う事でくすみ対策に繋がります。

くすみが起こる原因の1つとして挙げられるのが、古い角質です。
角質は古くなると、グレーがかった色になると言われています。
くすんだ色の古い角質が、肌表面を覆うと当然、肌の色はワントーン落ちてしまいます。

洗顔をしっかり行う事で、古い角質を除去し透明感のある肌へと導くのです。
また、洗顔の他にもビール酵母も、シミやくすみ予防に有効と考えられています。

ビール酵母とはビールを作り際に使用する酵母の事で、ビタミン類やミネラル類を多く含む為、健康食品やサプリメントに活用されている、人気の栄養素です。
ビール酵母にはシスチンペプチドという、メラニン色素の生成を抑制する成分が含まれています。
ですので、紫外線を浴びる前にビール酵母を服用しておけば、シミを作り難くする効果が期待できるのです。

ただ、洗顔やビール酵母による美白ケアは、シミやくすみの予防にはなっても、長い間蓄積したシミを改善するまでの効果はありません。

長い間、頬などに居座っているシミは、トレチノイン療法で解消してみては、いかがでしょう。
トレチノイン療法とは、トレチノインというビタミンA誘導体の外用薬を、シミが気になる部分に塗る治療法です。

肌への浸透力に優れており、奥深くに沈着してしまったメラニン色素の排出を、スムーズにする効果を持っています。
シミの濃さやメラニン色素が沈着している深さなどによって、美白効果には個人差がありますが、2週間ほど続けると徐々にシミが薄くなると言われています。